合同会社の赤字を解消!

会社設立

・合同会社を赤字から黒字へ!
今回は、合同会社で会社を設立した人が、赤字から黒字へと事業を成功させたお話を聞き、その内容をまとめてみました。
合同会社とは、そもそもどういう会社なのでしょうか?
また、赤字から脱却するコツとは?
それぞれ、詳しく説明していきたいと思います。

・合同会社とは?
会社のオーナーと出資者が別々なのが株式会社なのに対して、出資者とオーナー経営者が同じなのが合同会社の特徴です。
合同会社は有限会社と同じように有限責任会社ということになり、仮に倒産したとしても出資した金額以上の負債を背負うことはありません。
株式会社のように、株式の保有率によって経営権を他人に口出しされることもありませんので、比較的フットワークの軽い経営を行うことができます。
合同会社のメリットは、会社設立にかかる費用が株式会社よりも大幅に安くなるということです。
実際に合同会社を設立した人の話によると、定款手数料がかからないということと、登録免許税が株式会社の時と比べて、半分以下の金額で申請できるというメリットがあるとのことです。

・赤字からのスタートはきつい!
ここからは、合同会社を設立した人から聞いた話の内容をまとめてみました。
その人の話によると、会社設立は非常に簡単なのですが、取引先を確保せずに法人を設立したために、数か月は赤字に耐えなければならなかったそうです。
営業や宣伝などに力を入れていたのですが、2ヶ月はなかなか結果が伴わなかったようで苦しい思いをしたそうです。
ただやはりコツコツとやっていけば、段々と取引先が増えていき、会社設立から半年が経った頃には、売り上げを黒字に転換することに成功します。
この人いわく、やはり得意先回りや宣伝にお金を掛ける必要があるため、ある程度の軍資金を貯めてから法人を設立した方が良いとのことでした。

・SNSを利用して集客する
ソーシャル サービスを利用して、会社の存在を世間に認知してもらうというのは、今では一般的な手法になりました。
SNSの拡散力は、広告チラシよりも強力なので、ぜひとも会社の宣伝のために活用したいところです。
ただSNSは、ある程度フォロワーの数が増えるまで、アカウントを育てていかなければなりません。
できるだけ早い段階に、アカウントの育成を始めるようにしましょう。

・ホームページにお金をかける
今回お話した、合同会社を設立して赤字から黒字への転換に成功した人は、会社のホームページの制作にもお金をかけてこだわったそうです。
やはり仕事をとってくる入り口を作らなければなりませんので、そこへの投資は惜しまないことが大事なことのようです。