合同会社の赤字を解消!

会社設立

・合同会社を赤字から黒字へ!
今回は、合同会社で会社を設立した人が、赤字から黒字へと事業を成功させたお話を聞き、その内容をまとめてみました。
合同会社とは、そもそもどういう会社なのでしょうか?
また、赤字から脱却するコツとは?
それぞれ、詳しく説明していきたいと思います。

・合同会社とは?
会社のオーナーと出資者が別々なのが株式会社なのに対して、出資者とオーナー経営者が同じなのが合同会社の特徴です。
合同会社は有限会社と同じように有限責任会社ということになり、仮に倒産したとしても出資した金額以上の負債を背負うことはありません。
株式会社のように、株式の保有率によって経営権を他人に口出しされることもありませんので、比較的フットワークの軽い経営を行うことができます。
合同会社のメリットは、会社設立にかかる費用が株式会社よりも大幅に安くなるということです。
実際に合同会社を設立した人の話によると、定款手数料がかからないということと、登録免許税が株式会社の時と比べて、半分以下の金額で申請できるというメリットがあるとのことです。

・赤字からのスタートはきつい!
ここからは、合同会社を設立した人から聞いた話の内容をまとめてみました。
その人の話によると、会社設立は非常に簡単なのですが、取引先を確保せずに法人を設立したために、数か月は赤字に耐えなければならなかったそうです。
営業や宣伝などに力を入れていたのですが、2ヶ月はなかなか結果が伴わなかったようで苦しい思いをしたそうです。
ただやはりコツコツとやっていけば、段々と取引先が増えていき、会社設立から半年が経った頃には、売り上げを黒字に転換することに成功します。
この人いわく、やはり得意先回りや宣伝にお金を掛ける必要があるため、ある程度の軍資金を貯めてから法人を設立した方が良いとのことでした。

・SNSを利用して集客する
ソーシャル サービスを利用して、会社の存在を世間に認知してもらうというのは、今では一般的な手法になりました。
SNSの拡散力は、広告チラシよりも強力なので、ぜひとも会社の宣伝のために活用したいところです。
ただSNSは、ある程度フォロワーの数が増えるまで、アカウントを育てていかなければなりません。
できるだけ早い段階に、アカウントの育成を始めるようにしましょう。

・ホームページにお金をかける
今回お話した、合同会社を設立して赤字から黒字への転換に成功した人は、会社のホームページの制作にもお金をかけてこだわったそうです。
やはり仕事をとってくる入り口を作らなければなりませんので、そこへの投資は惜しまないことが大事なことのようです。

会社設立を税理士に依頼する時の法人設立費用は?

会社設立

会社設立の手続きは自分で実施することも可能ですが、数多くの書類作成や様々な手間を考えると、司法書士・行政書士・税理士など会社設立代行業者に依頼する方がベストと言えます。
ただ会社設立代行業者に依頼する場合には、どこに依頼したら良いのか、またどの程度の法人設立費用が必要なのかは気になる点です。
司法書士に会社設立を依頼すると会社設立関連書類作成と登記申請を一貫して行ってくれますが、税務関連手続きについては税理士に依頼するケースがあります。
会社設立業務のみを依頼するのならマッチしますが、会社設立後の税務手続に関しては業務範囲外になるので、自身で行わなくてはならない可能性があるのです。
行政書士は登記手続を代行することができないので、行政書士に会社設立を依頼すると会社設立関連書類作成だけを代行するケースが多く見られます。
ただ、各種許認可やビザ手続などを同時に依頼するのなら、行政書士に会社設立手続きを依頼するメリットがあるのです。
税理士は税務届出のみを担当するケースが多いですが、司法書士に会社設立関連作成と登記申請を分担することで、会社設立の依頼を受けることも少なくありません。
その理由は、会社設立代行業務から税務顧問契約につなげるためで、会社設立後に顧問契約するのなら法人設立費用で大変有利になるのです。

法人設立費用の実費自体はどの会社設立代行業者に依頼しても、株式会社設立なら約242,000円程度で、合同会社設立なら約60,000円と法人設立費用は変わりません。
しかし、税理士に依頼すると法人設立費用は限りなく低くなりますし、事務所によっては法人設立費用がゼロ円というところもあるのです。
これは法人設立費用を実費よりも安い価格で受注することで、会社設立後に顧問契約を結ぶ目的があって、税理士顧問契約につながればその赤字は販売促進費と考えられるからです。
つまり税理士にとって法人設立費用自体は格安で請け負っても、その後の税務顧問契約により長期安定的に顧客を獲得できるといった大きなメリットがあります。
その為に税理士は、他の士業と違って会社設立段階で激安戦略を採用することが可能になるのです。
ですから、仙台で会社設立を専門家に依頼しようと考えているのなら、そうした税理士の考えを利用するのもひとつの選択肢になります。
ただ会社設立後に税理士のサポートが必要なのかをしっかりと検討して、会社設立代行をどの業者にするのかを考えることも大事です。

相続の配偶者控除は所得税と違うの?

会社設立01

相続が起きたときに相続人が配偶者なら配偶者控除を使うのが非常によくおすすめされます。
この特別な控除ですが所得税のときも利用している方もおられるでしょう。
そのような方だと両方の配偶者控除が混ざりがちですが、所得税のものと相続が起きたときに使うものとは別物です。
これらの違いについてよく確認しておくといいでしょう。

相続が起きたときに利用をおすすめされる配偶者控除とは、相続税の中にある特例の1つです。
相続税は故人の遺産を相続した方が納税責任者となり、相続した遺産の一部を使って納税されることが多いです。
このときに相続人となるのは故人の近親者となり、配偶者は最優先で相続人となります。

もし配偶者が実際に相続人となっており、遺産を相続している場合には配偶者控除も使えるのです。
これは配偶者が相続した財産には重い相続税がかからないようにする特例です。
なぜこのような特例があるのかというと、まずは故人の財産は配偶者と共同で築いたものとみなされるため。
故人の遺産を相続する配偶者は、自分の共同財産を相続しているともみなされるため、このような特例が設けられています。

また、残された配偶者の生活を守るためという意義もあります。
配偶者を失った方に生活力があるとは限りません。
そのような方にとっては故人が残した財産が貴重な生活資金となるため、それが課税でごっそり減って生活できなくなることがないように配慮されるのです。

具体的にどれくらいの優遇がされるのかというと、残された配偶者が相続した財産のうち1億6000万円までか、もしくは法定相続分までかのどちらか高い方まで、相続した財産に相続税がかかりません。
その金額までは税金なしでそのまま故人の遺産を受け取れるのです。
これが相続税でいうところの配偶者控除です。

所得税にもある配偶者控除とは、これは主に配偶者を扶養家族として養っている方の収入に適用されるもので、家族を養っているだけほかの方よりも負担が重いとみなされ、少し所得税を軽減してもらえるという制度です。

この控除を受けるには扶養家族となっているその配偶者の方に条件があり、主な収入を得ている方と生計を共にしていたり、その配偶者個人の収入が一定金額以下となったりすると、配偶者控除の適用を受けられる可能性が出てきます。
もしこれが適用されると主な収入を得ている方の収入から一部特別控除がされ、所得税が少し軽くなるのです。

このように同じ配偶者控除としてよく紹介されますが、相続税と所得税とではまったく別の制度となります。
相続のときに利用をおすすめされる配偶者控除とは、先にご紹介した相続税での配偶者控除となりますから注意してください。

会社設立後に青色申告する魅力

会社設立

会社設立後に必要となってくるのが、確定申告です。
もともと確定申告はあまり経験がないという方も多いでしょう。
しかし、日本でお金を稼ぐという場合は、その稼いだ金額を国に報告して、所得を確定しなくてはなりません。
個人事業主やフリーランスの方なら毎年のようにおこなっているはずなので、確定申告にも慣れていることでしょう。
しかし、会社設立となると、話は少し変わってきます。
当然ですが、法人であっても個人であっても、その年に稼いだお金に関しては、国に報告して税金を支払うことが必要となります。

これが、いわゆる所得の確定、つまり確定申告となるのです。
これをおこなわないと違法となりますので、特に会社設立後に関しては注意が必要となります。
逆に言えば、確定申告をしっかりおこなっておけばまったく問題はありません。
それに確定申告の種類によっては簡単に申告できますし、魅力もあります。
メリット・デメリットをそれぞれ理解して、しっかり確定申告をおこないましょう。

確定申告には、大きく分けて白色申告と青色申告があります。
これは申告書の紙の色に違いがあると思っている方が多いですが、実際には申告の条件が変わってきます。
白色申告の場合は、決算書の中でも貸借対照表や損益計算書を必要とすることなく申告することができます。
青色申告の場合は事前に「青色申告します」という申し出が必要で、なおかつ決算書の貸借対照表や損益計算書も必要となります。
そう考えると「白色申告の方が楽で良いのでは」と思うかもしれません。
しかし、白色申告の場合は控除額が10万円となっており、青色申告は65万円となっています。
会社規模となると微々たるものかもしれませんが、これを本来控除できる基礎控除38万円と合わせるとしっかりとした節税になります。

また、白色申告でも青色申告でも、結局は取引した毎日の帳簿の保管が必要となりますし、その他取引に使った書類なども保管が必要となります。
会社であれば会計などもおこなうことが必要です。
それならば、書類も揃っているので青色申告をする方が良いです。

青色申告の場合は手間も面倒もかかるというデメリットがあるのですが、それ以上に節税のメリットがあります。
また、会社設立後は信用が重要となるので、青色申告をすることで信用を得ることもできます。
実際に白色申告よりも信用度は高く、単純に「しっかりしている会社だ」と思われるでしょう。
会社設立後はしっかりと青色申告するようにしましょう。

税理士へのおすすめの相談方法

ベンチャー企業が税理士へ相談するにあたってどのように相談したらよいのか迷ってしまうことはありますよね。
実際に相談する風景をシミュレーションしてみるとどういったことから相談すればよいのか戸惑ってしまうことも考えられます。
税理士も専門的な見解からの意見を出してくることも多いので、簿記の知識などを求められることもあるでしょう。
ベンチャー企業が税理士へ相談する際の方法はどのような形がおすすめでしょうか。
“税理士へのおすすめの相談方法” の続きを読む

ベンチャー企業の会計と税理士

ベンチャー企業として成り立つことで会計については欠かせないものになります。
若いうちは勉強とすべてをこなしていても、経営者であれば利益を追求する業務へ転換していかなくてはなりません。
すべての仕事をこなすのではなく、税務や会計などは税理士に初めから依頼してしまうというのもひとつの手段になります。
“ベンチャー企業の会計と税理士” の続きを読む

ベンチャーの税理士への注意点とは

ベンチャーとして起業の際には専門家に頼ることは有益です。
日々忙しく時間も限られている中で会社を立ち上げるときにはしっかりと専門家にチェックを入れてもらうことでより確かな会社設立ができるでしょう。
ベンチャーの税理士への依頼を行う際の注意点とはいったいどのようなポイントなのでしょうか。
“ベンチャーの税理士への注意点とは” の続きを読む

ベンチャーの税理士相談費用

ベンチャーが税理士に各種相談を行うにあたって気になることのひとつとして報酬や費用の相場ではないでしょうか。
ベンチャーであればあまり自由なお金がなく苦労されることも多く、経営者がすべてを行いがちですが、実際には税理士をはじめとした専門家に相談することは有意義なものになります。
経営者の時給とは高いものですので、分担することやリスクに備えることは肝心です。
ベンチャー向けの支援相談なども多く用意されているため、まずは相談してみるのがおすすめといえるでしょう。
“ベンチャーの税理士相談費用” の続きを読む

ベンチャーに特化した税理士とは

ベンチャーとして会社設立するにあたって税理士選びに苦労されることもあるでしょう。
ベンチャー経営者であればフレキシブルな対応が求められることが多いですが、そういった要望に税理士側が対応できないというケースも考えられます。
またベンチャーにとって適切なサポートを行ってもらえないという可能性もあります。
このような心配な部分に対して、ベンチャーに特化した税理士を頼ることで解決することが可能です。
ベンチャー向けの税理士とは一体どのようなものでしょうか。
“ベンチャーに特化した税理士とは” の続きを読む

税理士へのベンチャー会社設立依頼

ベンチャーとして会社を設立する際にすべてを経営者個人が行うことが出来ないケースも多いです。
そのような場合には税理士へ設立を依頼することがおすすめです。
税理士への会社設立依頼はどのように行うかをチェックしてみましょう。
“税理士へのベンチャー会社設立依頼” の続きを読む