税理士へのベンチャー会社設立依頼

ベンチャーとして会社を設立する際にすべてを経営者個人が行うことが出来ないケースも多いです。
そのような場合には税理士へ設立を依頼することがおすすめです。
税理士への会社設立依頼はどのように行うかをチェックしてみましょう。

まずベンチャーとして起業する段階から税理士に相談を行いましょう。
会社設立時にはまず税理士を見つけて依頼することがスタートになります。
インターネットなどを見るとたくさんの税理士が見つかります。
どの方を選ぶかは迷ってしまうことも多いでしょう。
そのためまずは実績の多い方や評価の高い方、ベンチャー向けに特化した方などをリストアップし、面談を行ってみましょう。
税理士によっては初回の面談は無料として設定していることも多く、まずは人当たりや相談にしっかり乗ってくれるか、将来的な見解を持っているかなどを判断してから、設立依頼を行うのが良いでしょう。

次にベンチャーとしてどのように会社を進めていくのかを相談してみましょう。
ベンチャーであれば先行きが安定するとは限りません。
時流によってはうまく行かなくなることも当然考えられます。
そういったケースを踏まえて、資金をどのようにするか、役員報酬と税金のバランスを整えること、場合によっては融資判断を検討することなどアドバイスを貰うことが肝心です。
経営者本人のキャリアも相談することができますので頼れる存在として日頃から相談してみましょう。

そしてできれば会社設立後についてもチェックしてもらうことを行いたいですね。
税理士に依頼することで会社設立はスムーズに行えますが、設立後が肝心です。
税金やランニングコストや損益決算など様々な申告があります。
これらは報告様式が間違っていると戻されてしまうので税理士の方にチェックを入れてもらうのがおすすめです。
節税に関することはもちろん、場合によっては融資判断などもしてもらうことも可能なため、チェックしてもらうことが大事です。