税理士へのおすすめの相談方法

ベンチャー企業が税理士へ相談するにあたってどのように相談したらよいのか迷ってしまうことはありますよね。
実際に相談する風景をシミュレーションしてみるとどういったことから相談すればよいのか戸惑ってしまうことも考えられます。
税理士も専門的な見解からの意見を出してくることも多いので、簿記の知識などを求められることもあるでしょう。
ベンチャー企業が税理士へ相談する際の方法はどのような形がおすすめでしょうか。

まず税理士と面談する際には会社設立に関しての計画書や事業計画などを持参し、実際に資料をチェックしてもらいながら相談を行うのが望ましいです。
一方的に会社のことを伝えても税理士が正しく理解できるとは限りませんし、資料を用意しておくことで説明に割く時間を減らすことができます。
税理士の立場からみても、会社をどのようにしていきたいのか、どのような相談を行いたいのかがわからないとアドバイスすることもできなくなってしまいます。
まず現在の情報をまとめたものを持参し、質問したいことなどをあらかじめまとめておくとスムーズになります。

税理士へ相談を行う際には現在の問題だけではなく、将来的なことについてもあらかじめ伝えておくのがおすすめです。
企業となることで融資を受けたいことや補助金の申請を行いたいなど希望を伝えておくことでチェックする内容も変わってきます。
例えば事業計画なども創業融資の審査を通りやすくするためにチェックを入れてもらうことで実行率が大きく異なります。
ベンチャー企業をはじめとした株式会社の多くは資本金不足で倒産することが多いためしっかりと資金を確保することは必要不可欠と言えるでしょう。
そのため起業時の相談からしっかりと税理士へ融資の希望なども伝えておくようにしましょう。

税理士への相談は、相手の都合と時間とお金が許すかぎり何度も行うことができます。
そのため焦らずじっくりと相談を行い、会社設立に向けての準備を進めていくことが確かな起業アプローチにつながるのです。