ベンチャーの税理士相談費用

ベンチャーが税理士に各種相談を行うにあたって気になることのひとつとして報酬や費用の相場ではないでしょうか。
ベンチャーであればあまり自由なお金がなく苦労されることも多く、経営者がすべてを行いがちですが、実際には税理士をはじめとした専門家に相談することは有意義なものになります。
経営者の時給とは高いものですので、分担することやリスクに備えることは肝心です。
ベンチャー向けの支援相談なども多く用意されているため、まずは相談してみるのがおすすめといえるでしょう。

ベンチャーが税理士に相談する際に初回は無料と設定していることがあります。
これはベンチャーへの支援のための応援として設置されていることがあり、次回の相談も格安で行えることがあります。
次に会社設立に関しての相談や代行の場合、税理士への報酬相場は50,000円程度となっています。
これは顧問契約などのちの契約にもつながるため費用を抑えた価格で提供しているのです。
個人や事務所単位であっても次回につながる依頼や相談の場合はサービスしてくれるのです。

税理士に相談するにあたって顧問契約についてはよく議論にあがります。
顧問契約を結ぶことで、ベンチャーとしてのすべての税務をお任せすることができますが月額で顧問料が発生します。
月額ではそんなに大きい金額を求められることはありませんが、決算の場合100,000円を超える手数料を求められることも少なくありません。
ランニングコストが金額に見合っているのかどうかは経営者が判断するのがポイントになるでしょう。

ベンチャーであれば、会社設立時や以後に関してはスポット業務として依頼するのも良いでしょう。
スポットの起業支援を依頼する時には、事業計画書作成支援は50,000円からが相場となっています。
会社設立の手数料は40,000円からとなっており、融資支援は調達額の1%程度が多いです。
税理士のベンチャー向けの支援枠などは最大限活用するようにしましょう。