ベンチャーが税理士への起業相談

これからベンチャーが起業するにあたって専門家へ相談を行いたいと考えることも多いでしょう。
そういった際に税理士に相談することも多いですが、実際には相談することができる専門家は幅広いです。
ベンチャーが起業相談を行うにはどのように行えば良いでしょうか。

まず税理士に相談することが可能です。
起業に関する会社設立の相談から、税務関係、将来を見越した節税対策なども相談することができます。
特に税金関係についてはしっかりと抑えたいと考える方も多いため、税理士への相談を考えられる方も多いです。
また相談や設立代行の依頼については税理士の方は安く請け負っていることも特徴のひとつです。
相談から顧問契約や会計や決算報告などについての新たなお仕事につながることも多いため、広く間口を開けているのです。
ベンチャーが税理士に相談することは税金のことだけではなく、今後の将来についての相談もできます。
税理士とある意味人生相談もできるということになりキャリアについて見直していくことができるのです。
会社設立のためだけではなく、経営者個人としての人生を見つめなおしてみるのも良いでしょう。

次に社会保険労務士の方に相談することができます。
ベンチャーの方も起業することで社員に対して保険の加入義務が生まれてきます。
社労士に依頼することで会社設立相談から、社会保険についての相談まで可能になります。
助成金の申請などについてもお任せできることもあるでしょう。
あまり保険関係に明るくないという経営者の方には相談することで頼りになります。

また司法書士について相談することもできます。
司法書士は登記について詳しく、会社設立に関しての書類作成をお任せすることが可能です。
定款の作成などのチェックを行ってもらえるのでよりしっかりと経営者の思いを反映させたい場合にも頼れる存在です。

相談できる士業は様々ですので個人の求めている内容にあわせて選ぶのが良いでしょう。
不明なことがあればまずは税理士に相談してみるのが良いかも知れません。