ベンチャーが税理士に相談するには

ベンチャー企業として会社設立をする際には税理士へ相談することを推奨している雑誌やメディアなどがあります。
しかし実際にどのように相談すればよいのか、経営者本人に最適な税理士を見つけるにはどうすればよいのか迷ってしまうこともあるでしょう。
ベンチャーが税理士に相談するにはどのようにすれば良いのかをチェックしてみましょう。

まずは税理士を見つける必要があります。
ご自身の地域で営んでいる方でも良いですし、インターネット上で検索にヒットした事務所でも良いでしょう。
知り合いの経営者から紹介された方でももちろん大丈夫です。
しかし税理士の中には相談を受け付ける方を限定されていることがあります。
法人の種類や、個人事業主、またはビジネス関連など様々な区分で限定していることがあります。
これは税理士の得意分野などにもよるためクライアントを限定しているのです。
そのため税理士を見つけたらベンチャー向けの相談や依頼を受け付けているかどうかを確認してみましょう。

実際に相談などをする税理士が見つかれば相談の予約を行います。
最初は簡単な面談も多く、依頼を無料で受け付けていることもあります。
この時に税理士の方をしっかりと見極めておきましょう。
人当たりは良いのか、相談に柔軟に受け付けてくれるのか、将来的なプランニングまでチェックしてもらえるのかなど、提案力なども含めた総合的な判断を行い、依頼しても良いと決まれば実際に依頼を行いましょう。

あらかじめ面談を行う上で最初にチェックしてもらいたい内容やわからないポイントをリストアップしておくとスムーズになります。
ベンチャーならではの相談事に関してはベンチャー向けの支援を行っている税理士を選択することで解決できる場合もあります。
もしベンチャー向けの支援を行っている税理士を探す場合には、インターネットから検索を行ってみましょう。