会社設立後に青色申告する魅力

会社設立

会社設立後に必要となってくるのが、確定申告です。
もともと確定申告はあまり経験がないという方も多いでしょう。
しかし、日本でお金を稼ぐという場合は、その稼いだ金額を国に報告して、所得を確定しなくてはなりません。
個人事業主やフリーランスの方なら毎年のようにおこなっているはずなので、確定申告にも慣れていることでしょう。
しかし、会社設立となると、話は少し変わってきます。
当然ですが、法人であっても個人であっても、その年に稼いだお金に関しては、国に報告して税金を支払うことが必要となります。

これが、いわゆる所得の確定、つまり確定申告となるのです。
これをおこなわないと違法となりますので、特に会社設立後に関しては注意が必要となります。
逆に言えば、確定申告をしっかりおこなっておけばまったく問題はありません。
それに確定申告の種類によっては簡単に申告できますし、魅力もあります。
メリット・デメリットをそれぞれ理解して、しっかり確定申告をおこないましょう。

確定申告には、大きく分けて白色申告と青色申告があります。
これは申告書の紙の色に違いがあると思っている方が多いですが、実際には申告の条件が変わってきます。
白色申告の場合は、決算書の中でも貸借対照表や損益計算書を必要とすることなく申告することができます。
青色申告の場合は事前に「青色申告します」という申し出が必要で、なおかつ決算書の貸借対照表や損益計算書も必要となります。
そう考えると「白色申告の方が楽で良いのでは」と思うかもしれません。
しかし、白色申告の場合は控除額が10万円となっており、青色申告は65万円となっています。
会社規模となると微々たるものかもしれませんが、これを本来控除できる基礎控除38万円と合わせるとしっかりとした節税になります。

また、白色申告でも青色申告でも、結局は取引した毎日の帳簿の保管が必要となりますし、その他取引に使った書類なども保管が必要となります。
会社であれば会計などもおこなうことが必要です。
それならば、書類も揃っているので青色申告をする方が良いです。

青色申告の場合は手間も面倒もかかるというデメリットがあるのですが、それ以上に節税のメリットがあります。
また、会社設立後は信用が重要となるので、青色申告をすることで信用を得ることもできます。
実際に白色申告よりも信用度は高く、単純に「しっかりしている会社だ」と思われるでしょう。
会社設立後はしっかりと青色申告するようにしましょう。

税理士へのおすすめの相談方法

ベンチャー企業が税理士へ相談するにあたってどのように相談したらよいのか迷ってしまうことはありますよね。
実際に相談する風景をシミュレーションしてみるとどういったことから相談すればよいのか戸惑ってしまうことも考えられます。
税理士も専門的な見解からの意見を出してくることも多いので、簿記の知識などを求められることもあるでしょう。
ベンチャー企業が税理士へ相談する際の方法はどのような形がおすすめでしょうか。
“税理士へのおすすめの相談方法” の続きを読む

ベンチャー企業の会計と税理士

ベンチャー企業として成り立つことで会計については欠かせないものになります。
若いうちは勉強とすべてをこなしていても、経営者であれば利益を追求する業務へ転換していかなくてはなりません。
すべての仕事をこなすのではなく、税務や会計などは税理士に初めから依頼してしまうというのもひとつの手段になります。
“ベンチャー企業の会計と税理士” の続きを読む

ベンチャーの税理士への注意点とは

ベンチャーとして起業の際には専門家に頼ることは有益です。
日々忙しく時間も限られている中で会社を立ち上げるときにはしっかりと専門家にチェックを入れてもらうことでより確かな会社設立ができるでしょう。
ベンチャーの税理士への依頼を行う際の注意点とはいったいどのようなポイントなのでしょうか。
“ベンチャーの税理士への注意点とは” の続きを読む

ベンチャーの税理士相談費用

ベンチャーが税理士に各種相談を行うにあたって気になることのひとつとして報酬や費用の相場ではないでしょうか。
ベンチャーであればあまり自由なお金がなく苦労されることも多く、経営者がすべてを行いがちですが、実際には税理士をはじめとした専門家に相談することは有意義なものになります。
経営者の時給とは高いものですので、分担することやリスクに備えることは肝心です。
ベンチャー向けの支援相談なども多く用意されているため、まずは相談してみるのがおすすめといえるでしょう。
“ベンチャーの税理士相談費用” の続きを読む

ベンチャーに特化した税理士とは

ベンチャーとして会社設立するにあたって税理士選びに苦労されることもあるでしょう。
ベンチャー経営者であればフレキシブルな対応が求められることが多いですが、そういった要望に税理士側が対応できないというケースも考えられます。
またベンチャーにとって適切なサポートを行ってもらえないという可能性もあります。
このような心配な部分に対して、ベンチャーに特化した税理士を頼ることで解決することが可能です。
ベンチャー向けの税理士とは一体どのようなものでしょうか。
“ベンチャーに特化した税理士とは” の続きを読む

税理士へのベンチャー会社設立依頼

ベンチャーとして会社を設立する際にすべてを経営者個人が行うことが出来ないケースも多いです。
そのような場合には税理士へ設立を依頼することがおすすめです。
税理士への会社設立依頼はどのように行うかをチェックしてみましょう。
“税理士へのベンチャー会社設立依頼” の続きを読む

ベンチャーが税理士への起業相談

これからベンチャーが起業するにあたって専門家へ相談を行いたいと考えることも多いでしょう。
そういった際に税理士に相談することも多いですが、実際には相談することができる専門家は幅広いです。
ベンチャーが起業相談を行うにはどのように行えば良いでしょうか。
“ベンチャーが税理士への起業相談” の続きを読む

ベンチャーが税理士に相談するには

ベンチャー企業として会社設立をする際には税理士へ相談することを推奨している雑誌やメディアなどがあります。
しかし実際にどのように相談すればよいのか、経営者本人に最適な税理士を見つけるにはどうすればよいのか迷ってしまうこともあるでしょう。
ベンチャーが税理士に相談するにはどのようにすれば良いのかをチェックしてみましょう。
“ベンチャーが税理士に相談するには” の続きを読む

会社設立段階での税理士の必要性

ベンチャーにとって起業もしくは会社設立時の税理士の必要性についてインターネット上でも取りざたされることが多いです。
結果として必要と言い切っているような記事も多く、中には会社の社長やベンチャーの経営者の直の声を交えて掲載しているといったメディアも存在しています。
ベンチャーにおいて本当に税理士への依頼は必要なのかどうかをチェックしてみましょう。
“会社設立段階での税理士の必要性” の続きを読む